おまとめローンの利用なら、業界最低水準金利のオリックス銀行カードローンから見てみましょう。

おまとめローンで一本化

オリックス銀行カードローンでおまとめ

カードローンの利用が複数社になってしまうと、毎月の返済負担が非常に重くなってしまいます。返済金額そのものが大きくなるのはもちろん、利息負担も膨らむため、払っても払っても元金がなかなか減らない状況となってしまうのです。

多くの借り入れは1社にまとめる「おまとめローン」が有効で、ばらばらに借りている総額を1社から借りれば、金利そのものが大きく低下する可能性があります。金利が下がれば月あたりの返済金額も縮小され、毎月の返済もおまとめ先の1社で済むために、返済管理も楽になるメリットがあります。

  • 完済を目指すためのおまとめローン

複数抱えてしまった借り入れの完済を目指すのであれば、おまとめローンに対応するカードローンの利用を検討すると良いです。業界最低水準の金利で人気となるオリックス銀行カードローンであれば、おまとめや借り換えにも使える借り入れとなるため、今の返済よりも少ない負担で、完済へ向けた支払いが出来る可能性があります。

多くの借り入れはそのまま支払いを続けても、いつになったら完済が出来るのかが見えてきません。また、返済負担が大きいと返した分をすぐに借りてしまう場合も多いため、いつまで経っても終わらない、利息の支払いだけを続ける返済サイクルとなってしまう方も少なくありません。

無駄な利息を払い続けても何の解決にもなりませんので、複数の借り入れはオリックス銀行カードローンでのおまとめローン利用を考え、利息の削減や計画的な支払いへ向けた借り方を進めてみましょう。

  • おまとめローンで低下する金利

消費者金融から複数の借り入れがある場合には、それぞれの契約が上限金利となっている方が多いです。30万円や50万円の限度額に対して17.8%や18.0%の金利となりますが、おまとめローンで1社からまとめると、総額100万円以上なら例え上限金利でも15.0%まで下がります。

  • 返済は月1回で済む外せない利点

金利の低下ばかりが注目されるおまとめローンには、返済が月1回で済む大きなメリットもあります。借り入れ先によっては返済の仕方次第で手数料がかかるため、複数から借りていると毎月の手数料だけでも大きな出費となります。その分が月1回の返済なら削減出来るのです。

オリックス銀行カードローンでおまとめ

オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る
第0位

オリックス銀行カードローン

業界最低水準の金利と高い限度額で、おまとめローンや借り換えローンにも適するカードローンです。

年利借入限度額審査時間所得証明
3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで不要
来店不要、口座開設不要で申し込みも借り入れも出来るオリックス銀行カードローンは、おまとめローンとしての利用も借り換えローンとしての利用も可能です。事業性資金としての利用は出来ませんが、他社からの乗り換えで使える低金利カードローンとなりますので、今現在の他社の返済が厳しい、負担が重いと感じている方は、オリックス銀行カードローンに申し込みを進めてみると良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの特徴

  • パートやアルバイトの方も申し込みOK

低金利の銀行カードローンとなると年収の制限が設けられている場合も多いですが、オリックス銀行カードローンは安定した収入をお持ちの方であれば、年収の制限は無く申し込みが可能です。パート主婦やフリーターの方でも審査が受けられますので、多くの方から支持されるカードローンとなっているのです。

申し込みから借り入れまで、オリックス銀行カードローンでは来店も口座開設も不要となります。ネット上での手続きを進め、契約完了後に届くカードを使えば、日本全国に設置の提携ATMですぐにお金が借りられます。

提携ATMでの手数料は終日無料としているのもオリックス銀行カードローンの大きな特徴で、曜日や時間を問わずにいつ使っても無料です。おまとめローンとして利用した後の返済も、余計な手数料負担無く行えるのです。

オリックス銀行カードローンのカードが到着するまでは、審査完了後の3営業日ほどとなります。申し込み内容や審査状況によっては日数の前後もありますので、詳しくはオリックス銀行にお問い合わせ下さい。

おまとめローン前後の負担

おまとめローンを利用する際に気になるのが、おまとめ後にどれだけの負担が軽減されるか、ではないでしょうか。返済先が1社で済むのはたしかに大きなメリットですが、どうせなら返済負担も軽減出来るような利用をしたいものです。

利用状況によって変わるので一概にどれだけの負担減となるかは言い切れませんが、簡単な例を用いて、オリックス銀行カードローンでおまとめとした場合の負担の差を見てみます。あくまで参考数値となりますので、詳しい内容についてはオリックス銀行カードローン公式サイトで確認、またはお問い合わせ下さい。

合計100万円の借り入れがある場合

  • 50万円(17.8%)と50万円(18.0%)

30日間の利息は合計でおよそ14,712円

100万円をオリックス銀行でおまとめ

  • 適用金利は年利で9.0%~14.8%

30日間の利息はおよそ7,397円~12,164円

合計190万円の借り入れがある場合

  • 70万円(15.0%)×2と50万円(18.0%)

30日間の利息は合計でおよそ24,657円

  • 合計190万円をオリックス銀行でおまとめ

30日間の利息はおよそ9,369円~19,989円
(「200万円コース」で年利は6.0%~12.8%)

上記は簡単な30日間の利息負担だけの差で計算をしたものですが、オリックス銀行カードローンで適用される金利で考えると、利息差も大きく開いているのが分かります。利息が減れば元金分も返しやすくなり、月々の返済額も少なくなりますので、余裕のある計画的な返済も可能となるのです。

例えば上記の50万円×2社からの借り入れであれば、大手の消費者金融では月々の返済が15,000円×2で、30,000円ほどとなる場合が多いです。しかし、オリックス銀行カードローンで同じく総額100万円を借りたとすれば、月々の返済は20,000円となり、返済額自体も縮小がされるようになります。

返済金額の差は、おまとめ総額が大きくなるほどに開きます。190万円の例であれば、おまとめ前は60,000円弱の返済金額となりますが、オリックス銀行カードローンで190万円を借りるとなると、月々の返済は35,000円からとなるのです。

おまとめローンを成功させるために

おまとめローンは、必ずしも現状の金利から下がるとは限りません。消費者金融から細かく複数を、総額100万円以上の借り入れがあれば金利の低下の期待が出来ますが、100万円未満の場合や、現状の借り入れが銀行からの低金利ローンの場合には、オリックス銀行カードローンでのおまとめでは現状維持に留まる可能性もあります。

ただ、金利の低下がされないとしても、返済の管理は複数あると面倒であり、それぞれへの支払いが手間になる部分もあります。返済管理の面、手間の削減の面でも、返済先が1社で済むおまとめローンは検討をしてみる価値はあります。

おまとめローン申し込み時の注意点

オリックス銀行カードローンに限らず、どこで行うおまとめローンだとしても、現状の返済が出来ていることが最低限の条件となります。既に支払いが行き詰っている方は審査には通らず、おまとめローンの利用が出来ないのです。

おまとめ後の縮小された返済額なら問題なく支払える方であっても、今現在の返済が遅れていたり、または不足入金となっていると審査通過は厳しいです。おまとめローンの申し込みは返済が出来ているうちに行わなければなりませんので、本格的に支払いが苦しくなる前に、一本化を考えてみましょう。

トップへ戻る